名古屋市名東区|すぎやま病院|人工透析|リハビリ|外科|内科|整形外科

トップページ>地域医療連携

地域医療連携とは、高度な医療設備や専門性に優れた地域の基幹病院と、患者さまの身近な「かかりつけ医」(診療所)が、お互いの長所や強みを活かして連携しながら、患者さまの症状に応じた適切な医療を提供し、早期発見や早期治療に努めるネットワークのことで、高齢社会を担う医療体制として非常に重用視されています。
当院では、数多くの大病院と地域連携を結び、また地域の診療所とも連携を取りながら、3者が一体となって治療にあたります。また緊急時の対応も速やかに行ないます。

紹介状とは、病院や診療所で現在行なっている治療内容や、患者さまの症状などについて記載された文書のことです。紹介状があれば、他の医療機関にかかっていても、薬の内容や検査結果などが分かり、重複検査を防ぐとともに、医療費の抑制にもつながります。また初診時に優先的に診療が受けられるほか、初診時の保険外併用療養費(2,625円)がかかりません。

●愛知医科大学病院
●名古屋第二赤十字病院
●名古屋大学医学部附属病院
●名古屋市立大学病院
●東部医療センター
●東海病院
●名古屋記念病院
●名古屋医療センター
●東名古屋病院

 

個人情報の取り扱いについて